任意整理と自己破産

任意整理と自己破産

任意整理と自己破産

消費者金融からの借り入れ額がふくらみ、それを返すためにさらに他の消費者金融から借りて返済に回すという自転車操業をしてしまうようになり、多重債務者となった結果、どうにも動きがとれなくなってしまうことがあります。その場合は、先にも述べましたがまずは公的な相談窓口を利用します。そこで、「整理」することを考えるわけですが、多重債務を整理してゆく代表的な方法には、(1)任意整理(2)自己破産(3)民事再生(個人)があります。どの処理方法を選ぶかは、その時々・また個々人の資力や可処分所得などを考慮して、どの手続きが最適化を話し合って決めてゆきます。ここではまず、よく知られている方法である(1)任意整理と(2)自己破産について記載します。まず任意整理。これは、裁判所を通さない交渉です。そのため、通常は弁護士などの法律の専門家に間に入ってもらうことになります。任意整理は、利息制限法の上限利率を超えた支払いをしていないかどうかなど十分に調べた上で、まず正確な負債額を把握します。そして、次に月々にどのくらいの支払い(返済)できるかを判断します。一般的には、支払い額(返済額)は、収入から住居費を引いた手取り収入の3分の1と言われています。そして、正確な負債額を上記の月々の支払額で割って、何回で返せるかを算出します。そして、その案を元に債権者(消費者金融業者)に提示して交渉を行います。業者の承諾を得られれば、書面(和解契約書といいます)を交わして、月々の支払いに入っていく、ということになります。次に(2)自己破産です。あまりにも債務額が多すぎて返済できない場合は自己破産を選びます。裁判所を経由することになります。自己破産の場合は、一定の資格制限などがありますが、現実には自己破産が多重債務者の救済には多く利用されています。